ことでかおまはんに難義をかけるよふなことになつ

ちやアわりいから氣を鬼にして皈りませう丹そふよ

なんでもすべよく出るならよし無理なことをして手めへ

の身にどんなことでもあつた時はなを〱おいらがちから

がねへからどふぞおれを思つて呉るならひとい胴居は

ちかごろはらをすへてぜんあくともいちづにすることを

どきやうといふいと〱はしたなければつかふべからず

しねへがいゝヨよねアイ

私だつておまはんの為にすることだからどふなつてもとは

いふものゝ二人が身にとつて末のつまらない動居はしやア