咄しを聞して呉なヨ

よね八はたちかゝり

しがまたすはり

よねおまはんナゼそん

な顔をしてお呉なはるのだへ○

さんといふをはんといひさるといふを

はるといふすべてかたことはさつしたまへ

ちきやア猶心が残つて皈られないはねへトなく丹なんだか

心ぼそくなつてどふも皈しともねへようだがどふしても

皈らざアなるめへのウト

いはれて見ればよね八もしんそこほれた

男の心おもひやるほどいたわしく

よね

いツ

そのことにこれから直に丹ナニ〱それじやアわりいそふする

と鬼兵へがなか〱すべよくくらがへをさせるこつちやアねへ

サア〱機嫌よくして皈んなヨヨ米八よねそふさねへどんな