いれに棒縞の前垂がけ天窓はぐるりと結び髪下駄の

音さへあら〱しく兵衛が門に立とまり吉チト御めんなさいアノ

お春さんの宅はこゝでございますかト問れて兵衛は本をおき

兵ハイお春とはこちらの女児何ぞ御用でござりますかたゞ今

ちよつと出ましたが吉ヲヤお留守かへはアおまへさんがアノ児のお

爺さんかへヤレ〱久しい御病気と聞ましたがそれでもちつとは

お快ようトいひつゝあかれば兵衛はほう笑み兵ハイ〱有がたう

ござります今日などは余ほど快ござります吉それはもふ