情なや大恩うけし親のこといやともまさかいはれぬ義理合

そんならばとて身を賣てはいひかわしたのが反古になる所詮

かうなるうへからは明していふたらよからうかとおまへさんとアノ

児の中を斯〱じやと明した所が親父どのが大はら立もつての

外に憤ふり女児もにくいがさきの男め人の女児を婬戯おつて

にツくい奴のおのれも以前は鑓一筋のぬしの果こりやその

分にはすまされぬあんないしやれ先の宅へ踏込でかたを付る

と寄てもつかれぬ勢ひにこりや悪い事言出したと後悔先